別回路

休みの日は、全然別のことを考えている。


彼と連絡を取るのは平日が主で、それこそ、1日中メールしてる日もある。


だから私はいつも、会いに行きたい、行きたい、と、恋してる自分にせかされる。


でも、休みの日は別だ。


気が付くと頭の中から、彼のことが消去されてる。


他にやることもあるし、全然違う自分に入れ替わってるみたいだ。


平日の自分の思考を振り返ると、いや、ちょっと待ってって考える…。


この思考癖があるから、いつまでも会えないのかもしれない。



〇〇さん、私に会いたい?


って聞いてみた。


すぐに、返事が来た、


会いたいよ。



彼も同じなのかな、って思う。



うらまないでね。

さっきの続き。


「仕事の都合上、どうしても急に予定が入ったりして時間がつくれなくなることもある


けど、恨まないでね」


って言われた。


うらまないでね。


なんだそれ。


いつの間にか、そっちが被害者で、私は物凄い悪い人みたいになっている・・・


気がした。

いつまで。

会いに行こうとして、宿も取って、交通網を調べて、あとはその日が来るのを待つばかり


だった。


でも、すぐにキャンセルすることになった。


相手の人の予定が、不安定にすぐに変わる。


仕事の都合でしょうがないんだけど、


ダメならダメで諦められるのに、


会えそうで会えないって一番精神的にくる。


「もう期待させないで!!そういうの一番嫌だし、傷つくし、苦しい」


と、殴り書きみたいなメッセを送ると、


向こうからはひたすら、


ごめんなさい、タイミングいつも合わなくて…


ごめん、ごめんって平謝りに謝られる。


どうしようもないことはわかっているのに、私は、


「こんなんだったら出会いたくなかった!!」


とまで言ってしまう。


いつも、言って後悔するのだけど…。


嵐みたいな感情が来て、じっと治まるのを待つ。


そういうの何回繰り返したんだろう。


それでいつまで続くんだろう。



いつもどおりの会話

やっぱり、メールできついことを言ってしまったこと、


彼に謝ろうと思った。


出てもらえないかな、と思いながらも勢いで掛けたらすぐに繋がった。


私「あの・・・ごめんなさい、ホントにごめんなさい!!」


彼「え、何のこと?」


私「メールで酷いことを言ったことです。本当にごめんなさい!!」


彼「え~そんなに謝んなくてもいいよ・・・」


そしていつもどおり、いつもより楽しいくらいに、10分強、会話が続いた。


私は自分の仕事の悩みや近況を、以前より自然に話せていた…。


次の日彼から、


「昨日は電話貰ってありがとう!」


とメッセージが。


また繋がったんだな、って思えた。



2人の季節

雨に濡れて嫌な思いをしないで済む場所に住みたい


たまに降っても 湿らせる程度で


そしたら、傘に隠れてキスしたい・・・



冬になっても凍える思いをしないで


たまに寒くても ちょっとかじかむ程度で


そしたら、手を繋いでポケットに入れてもらうから



あなたとは 凍えたり 雨に降られるのは向いていないよね


いつも暖かくて 春みたいな季節じゃなきゃ 一緒に居られない。


真冬も 真夏も 二人には厳しすぎるから。