Squall スコール

誰か人を好きになる気持ちは、突然の雨に似ています。

夢破れて。

安室ちゃんCMのアイライナーに、雑誌で話題になってたアイブロウ、


手持ちのリップに、、、、


先日、相手の人に言われたのを真に受けるように、


私は化粧にちょっと凝るようになっていた。


「あなたは、素材がいいんだから。思い切って化粧してごらん。」



私のお母さんのが美人なんだから、あなた、お母さんにすれば良かったのに。


私が冗談で言うと彼は、


「美雨さんのお母さんだから美人なんですよ。」


と、恥ずかしげもなく伝えてくる。


よく、地元の人からは、お前の母さん綺麗だ、お前より美人だなって言われてた。


それを、一瞬で魔法のようにひっくり返す彼は頭がいい。



でも彼は私にこう言った。


「これ以上は応えられない」


と。


私は、ダメなのはうっすらわかっていたし、期待もしていた。


だから、何かが折れるような、感じが自分の中でした。


「もう夢なくなった~彼さんとこうするのが夢だったのに」


と私が冗談っぽく言うと、彼は真面目に返答してきた。


それで、ますます私の中で何かが折れた・・・・・。



お盆の前位にこのやりとりがあって、お盆は忙しくて、紛れていた。


でも今は、、夢を失って、連絡取りたくない。


私は、相変わらず、安室ちゃんのアイライナーを今日もつけてる。