Squall スコール

誰か人を好きになる気持ちは、突然の雨に似ています。

渡り鳥

その人にぴったり合う環境ってあると思う。


例えば人の喋り方とか、言い方とか。


こんなキツイ言い方の中で過ごしたら、委縮しちゃう、


反対に、こんな優しい言い方なら、スーッとしみるなぁとか。


私はずっと、生まれた環境に違和感を感じていた。


たまに県外の人と接したりすると、すぐに意気投合することが多かった。


今でも、地元の人とは馴染めない。


同年代にも違和感を感じる。


ずーっと、出たい、出たいと思いながら、具体的にどこに行ったらいいか


わからない。


県外で暮らしたこともあったけど、結局戻ってしまった。


何で彼が好きになったかというと、県外出身の人だったというのもある。


一人で生まれた県を出て、今の場所に住み着いた人。


そういう、渡り鳥みたいな生き方、私もしたかった。