Squall スコール

誰か人を好きになる気持ちは、突然の雨に似ています。

対等になれない

どなたかがご自身のブログで、


「私と彼は前世で母子だったのかもしれない。彼は私の息子だったかも」


と言っていたけど、私もそう思う。


対等にはなれない関係。


彼は、優しいし、


変に献身的で、


真面目で、


一生懸命、やってくれたけど、


私には物足りなかった。


まるで騎士♘が主に仕えるように、どこか上下関係のようなものを感じていたし、


私が主で彼が従。


何か、恋人でなかったような・・・・・。


それで、物足りない私は、後半の方、彼に無理難題を色々言った。


彼も彼で、「それは無理」と言ってくれればいいものを、


言わないで、抱え込んで、挙句ーーーーー


「一人にしてほしい」


って、彼から言われた先日、私は、危うくもう少しで、意地悪を言いそうだった。


“被害者になるの上手いね”とか。